ホーム>サービス案内>安全運転講習 その2

安全運転講習 その2安全にオートバイに乗るための考え方を学ぼう!「交通安全の考え方/交通違反と罰則」

YSP相模原中央代表セタニの安全運転講習 その2

YSP相模原中央でオートバイをお買い上げの方一人ひとりに、わたくし代表の瀬谷が安全運転講習をおこなっています。
今回は、「その安全講習内容を忘れてしまった・・・」という方、また、「もっと安全にオートバイに乗りたい!」という方のために、ホームページで安全運転講習の一部をご紹介しようと思います。

今回のテーマは「交通安全の考え方/交通違反と罰則」です。

1. 交通安全の考え方

万が一の交通事故に遭遇される心配が有ります。

交通事故はご自身の安全意識だけでは防ぎ切れません。また、ゆっくり走っている事だけが安全運転をしている事と等しく有りません。安全運転とは危険な状態にならない運転そのものです。従って、いつでも危険と隣り合わせで生活している事を自覚し、歩行中でさえ自分自身に危害の及ぶ事態に対応できる体制を整えておく必要があります。

ひとたび交通事故に遭遇された場合には、ルール違反の程度と因果により双方の被害は過失相殺される事になります。交通社会の一員で居る限り、被害者にもならない安全策を求められます。従って、一方的にぶつけられた事故と思っていても、被害回避が不十分と見なされる場合では、幾等かの過失責任を問われる事になります。

危険な事態とは

身体的、金銭的、精神的な危害が自身と相手に及ぶ事態。

交通ルールについて

交通ルールは被害と加害の両面での事故防止を目的としています。

マナーについて

  • 相手の立場に立って行動する。
  • 相手の求めている事を推察し、相手の望みを叶えてあげる。
  • 自分がやられるといやな事を相手に対してしない。
  • いつでも相手が自分を気遣ってくれるとは限らない。

信号機の色と考え方

青=止まれ 但し、安全確認の結果が安全であると判断された場合は進む事ができる。
黄=止まれ 但し、安全確認の結果が停止する事で危険状態になる場合は進む事ができる。
赤=止まれ 但し、停止が危険状態であれば安全な場所へ移動する事ができる。

交差点の考え方

信号機の有る交差点、信号機の無い交差点、広い道路と狭い道路の交差点、一時停止表示の有る交差点、一時停止表示の無い交差点、路外の施設の出入り口(駐車場、コンビニエンスストアーなど)、道路を横断する人、物、動物、車、バイク、自転車など

  • 交差点は最も事故の起こり易い場所
  • 右折車両と直進バイクの衝突
  • 左折車両と直進バイクの巻き込み事故

交通ルールによると右折車両は直進車両の妨害をしてはならないとなっています。

青もしくは右折可信号に従って右折する車両が直進バイクを見落とし、あるいは誤った解釈により衝突又は転倒を誘発する。ルールに従った右折車両と渋滞車列の横をすり抜けたバイクとの衝突事故。これらは交差点へ侵入する前に一時停止もしくは徐行により回避できる。
交差点と思われない場所においても同様の考え方で危険を回避する。

2. 交通違反と罰則

ルール違反は事故の確率が高まるばかりではなく、取締りの対象となり、金銭的な負担と精神的な負担を強いられる事も有ります。

主な取締り

制限速度超過違反
  • 白バイ又はパトカーによる追跡取締り
  • 臨時レーダー等設置による取締り
  • 定常設置(オービス)による取締り
  • 通報による常習違反者取締り

速度超過を認識した上での違反を除けば、走行中の道路における上限指定速度の認識不良による為に起こり、標識等を認識して制限速度を超えない意識を持つ事で、取締りの対象となり難い。

一時停止違反

停止位置の手前で停車し、安全を確認する事が必要で有りその上で安全と判断された場合進む事が出来る。渋滞中のすり抜けにおいても停車車両の横を通り抜ける前に一時停止の必要が有る。

一連の動作の中で安全確認は必須で停止のみでは不十分となる。

追い越し禁止違反

追越を始める事により事故発生の可能性が有る場合は追越を始めてはならない。
追い越し可能な状況下において追い越しをする場合でも前後の安全を確認した上で右に合図を出し、3秒後に車線変更をして追い越しを始める。この間にも危険な状況を発見した場合は追越を中断する必要が有る。

駐車禁止違反

駐車する事により他の交通の妨げとなる場合は短時間でも違反となる。
警戒取締り、通報による取締り

通行区分違反

指定された通行帯を走行しなければならない。
第一通行帯=走行車線
第二通行帯=追い越し車線
朝夕の混雑時には通行帯が変更される場合も有る。

その他の違反

他人へ与える心身及び物的な被害が大きいと予測される違反は罰則が重くなる。

飲酒運転、酒気帯び運転、暴走運転、整備不良、共同危険行為禁止違反、無免許運転、無資格運転、過労運転、無車検運行、無保険運行、シートベルト着用義務違反、ヘルメット着用義務違反、横断歩行者妨害等違反、安全運転義務違反

キープレフト=左側通行

危なくない程度のできるだけ左を走行する。
極端な左端は道路整備の不備や側溝などによる危険とパンクの原因となる異物が散乱していて車線の中央部に比較して危険率が高くなる。

交通安全をしっかり意識して、便利なバイク生活を楽しみましょう!

セタニの安全運転講習 その1 『危険予知の考え方』

  • スタッフ募集中 技術を身につけ、独立を目指す方大歓迎
  • YSP相模原中央Twitter
  • 代表 瀬谷秀人のフェイスブック
PAGE TOP